交通事故の被害者になった場合、示談しないという選択肢はあるのか

運悪く交通事故の被害者になってしまった場合「なぜ自分ばかり」とつらい思いをしながら、日々を過ごすこともあります。

加害者への怒りはもちろんのこと、通院していた病院や、保険会社の担当者とのやりとりにヤキモキすることもあるでしょう。参考元…弁護士交通事故 - アディーレ法律事務所

私も交通事故の被害者の一人です。悩みに悩んで、通院終了後3か月で示談を成立させました。しかし、いまだに示談書にサインしたことが正解であったのかはわかりません。

→交通事故の被害者がやるべきこと。遺族になったらどうすればいい?

出会い頭で起こった交通事故

私が被害者となった交通事故は、自宅からすぐ近くにある交差点が現場です。住宅街にある狭い路地で、見通しも悪いので普段から気をつけてはいたのですが、出会い頭で事故が起こってしまいました。

自転車に乗っていた私の相手は、タクシーです。「タクシーはもっとも事故を起こしてはいけない相手」と言われることもあり、任意保険に加入していないことのほうが多いと聞きます。任意保険未加入のタクシーとの事故に巻き込まれた場合、被害者は保険会社ではなくタクシー協会と示談の交渉をすすめることになります。

タクシー協会がとても強気な態度で出ることも多く、事故の被害者はそこでもう一度被害者となると感じるようです。

保険会社とのやり取り

加害者が所属しているタクシー会社は、大手の保険会社の任意保険に加入しており、私にとってはまだ救いでした。そのため事故の保険金に関する手続きや交渉は、保険会社を相手に行うことになります。保険会社の対応は本当にピンキリのようで、同じような事故にあった人から話を聞くと私についた担当者はかなり被害者に寄り添った対応をしてくれていたようです。

大手保険会社の2社は、被害者の気持ちに寄り添った対応をしてくれるけれども、その他の保険会社の対応はそうではない場合が多いようです。

通院の日数に合わせて、支払われる保険金のベースは決まっている

保険金は、通院や入院の日数によって支払われる額が決まっており、車と車の事故であれば責任の割合によって保険金は増減しますが、人と車の場合はほぼ規定通りの金額が支払われます。そして保険金にプラスアルファした金額が慰謝料となります。

もし被害者が子どもであれば、通院に親の付き添いが必要なため、付き添い費が加算されて慰謝料は高くなりますし、保険会社によっては5日以上の通院をした段階で、お見舞金がわたされることもあるようです。保険会社のさじ加減もありますが、基本的には治療にかかった日数と後遺症があるかないかによって、支払われる保険金が決まります。

通院4日で治療が終了

私は大きなけがではなかったため、4日の通院で治療が終了しています。治療にかかわる費用に関しては、加害者側に請求となるので基本的に病院の窓口での支払いは必要ありません。保険会社が事前に病院へ連絡を入れて窓口負担がないようにしてくれます。

とはいえ、このような保険会社へ直接治療費を請求するシステムを嫌がる病院があり、応じてもらえない場合は、いったん自分で治療費をたてかえなくてはなりません。交通事故は突然に起きるもので、手元にちょっとした現金がない時には大変厳しい状況でしょう。

カード払いができる病院も増えていますが、小さなクリニックでは現金のみのところが多いです。私は2つの病院を受診しており、そのうち1つの病院では保険会社への直接請求を断られています。

治療が終わってからも、悩むことが多い

治療が終了すると、すぐさま保険会社から示談についての説明が行われます。展開が早すぎてついていけないのですが悩む暇もないほどのスピーディーな対応です。説明があった翌日にはポストに示談書が投函されていました。

ただ、治療は終わっても、被害者としての心の傷はとても大きく、すぐに納得はできないものです。加害者を許せない自分や、一度傷ついた体の将来について不安になる自分など、自分の小ささを感じました。「交通ルールを守っていない人ではなく、なぜ守っていた自分が被害者になってしまったんだ」という嫉妬のような妬みのような感情も湧き上がってきます。

不可能であるとわかっていても、事故にあったことをなかったことにしたいと強く思いました。示談書はずっしりと重たい書類です。

やはり示談書は悩ましい

示談書が届いてからもいろいろな気持ちが交錯してしまい、サインができないまま、一週間、二週間と時間は過ぎていきました。保険会社の担当者からは「様子はどうですか」と電話がはいり、またそれがプレッシャーとなってしまいます。

保険会社が最初に提示した示談書にかかれた金額に納得してサインをするケースもありますが、納得できない場合は弁護士に相談したり、自分で交渉したりすることは自由で、示談金は変わります。私も示談を成立させる前に弁護士に相談したほうがいいのではないかとも考えました。

そしてしまいには、自分は何に対して怒っているのか、何について悩んでいるのかがわからなくなってしまいました。

示談書が届いてから3ケ月後にサイン

示談書を手元においたまま過ごす日々は、常になんとなく心にひっかかるものがあり、すっきりとしないものでした。何かを「やらなくてはならないことがある」と思いながら過ごす毎日は、いつも緊張している状態ですよね。

私が示談書を受け取ったのが9月でしたが、年末が近づくにつれ気持ちを切り替えたほうがいいという考えに達したため、年内に示談に応じることに決めました。リラックスして楽しい気持ちでお正月を迎えたかったのです。

それでも、示談書にサインをするのは決していい気分ではありませんでした。事故にあった皆さんは、どのような心境でサインをされているのでしょう。私のようにモヤモヤしながらも、前に進むためにサインされているのでしょうか。

示談は引き延ばしてもよかったのかもしれない

慰謝料の入金は示談後になるため、示談書にサインをしない限りは慰謝料をうけとることはできません。通帳に打ち出された金額をみて、「終わった」と思いました。ホットはしていますが、心のモヤモヤはずっと晴れません。

同じように事故にあった人から話を聞く機会もあるのですが、2週間の入院で後遺症なしで退院したものの、示談にいたるまでは1年以上かかったと聞き、本当にお気持ちをお察しします。示談に応じない限り、慰謝料は振り込まれないためにいつかは示談をするものだとは思いますが、心の回復度合いと、体の回復度合いに大きな差があることを実感しました。

体は回復しても、ある程度心が元気になってから示談をしたほうが、自分の中で納得できたのではないかなと思っています。